読み込み中です……

   港の見える丘公園

  N.N 

 花が咲き誇る公園は

 港の見える丘公園

 観光地のその場所には

 木陰の園路で写生する人

 白いカフェテーブルに異国の人

 展望台には恋人たちがおりました

 そうそう黄色いシャツの男の子は

 小さな足で白い犬の後を追っていましたよ

 春風が新緑を揺らし

 太陽は穏やかに光を注ぐけれど

 私は空高く飛ぶ鳶に尋ねてみたい

 そこから見る世界は平和ですかと

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

評論 保坂和志 『季節の記憶』

評論 砂川文次『ブラックボックス』

評論 村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

PAGE TOP