読み込み中です……

クラス一覧

コトノハ文学教室で現在、受講生を募集しているクラスです。
詳細につきましては、お問い合わせください。
文学仲間を作る場所でもあります。
飲み会などやって楽しく文学したり、時には本気で語り合ったりしましょう。

コトノハ文学教室で現在、
受講生を募集しているクラスです。
詳細につきましては、
お問い合わせください。
文学仲間を作る場所でもあります。
飲み会などやって楽しく文学したり、
時には本気で語り合ったりしましょう。

講師紹介

野村 喜和夫Kiwao Nomura詩人。1951年埼玉県生まれ。コトノハ文学教室校長。早稲田大学第一文学部日本文学科卒業。戦後生まれ世代を代表する詩人のひとりとして、現代詩の先端を走りつづけるとともに、小説・批評・翻訳なども手がける。著訳書多数。詩集に『川萎え』『反復彷徨』『特性のない陽のもとに』(歴程新鋭賞)『現代詩文庫・野村喜和夫詩 集 』『 風 の 配 分 』(

詳細を見る

オンラインコース

Zoomでオンラインの合評会や読書会をやります。合評会というのは、受講生と講師と代表が提出された作品を読んできて、感想を述べあい、講師の講評を聴くというものです。各クラス、企画やコンセプトがあるのでご確認ください。オンライン合評会野村クラスポエジーと書く技術を育てるクラス講師野村 喜和夫先生ジャンル詩、小説、エッセイ、評論企画・課題半年に1度のイタリア文学読書会、読書会を踏まえ

詳細を見る

通信コース

Zoom、メールを通じて、講師とマンツーマンで講評を受けたり、対話をしたりできるコースです。
年に3回の作品・対話用紙の提出と、Zoomの創作相談を受けることができます。
オンライン授業に参加したいけど日程が合わない、自分のペースで作品を提出したい、個別で執筆に関する相談をしたいという方にオススメです。

詳細を見る

受講生応援企画

会報「コトノハ通信」、コトノハオープンチャット、今後予定しているコトノハ飲み会、文学ポータルサイト「コトノハ文学生活」、イタリア文化会、文学フリマ参戦など、企画盛りだくさんです笑

詳細を見る

日本語の美しさ
イタリア文化への愛

ダンテ、中上健次、宇佐見りん、現代詩の伝統を意識した教室です。
エッセイや小説はもちろんのこと、現代詩や評論もあり。
企画盛りだくさんであなたのご参加お待ちしてます。

ダンテ、中上健次、宇佐見りん
現代詩の伝統を意識した教室です。
エッセイ、小説、現代詩、
短歌、俳句、評論もあり。
企画盛りだくさんで、
あなたのご参加お待ちしてます。

YouTubeで南野一紀の勇気が出る
文学ラジオ
「南野一紀の、今夜はブンガク」
不定期配信中です。

ラジオを聴きたい

ブログ

文学に関する記事です。
読書会レビュー、文芸評論、執筆お役立ちエッセイ、
観光と文学のエッセイなど企画盛りだくさんです。

文学に関する記事です。
読書会レビュー、文芸評論、
執筆お役立ちエッセイ、
観光と文学のエッセイなど、
企画盛りだくさんです。

料金案内

コトノハ文学教室の受講料についてです。
5,000円の入会金がかかるので、お間違えのないようにお願いします。
料金を確認した上で、お問い合わせいただき、
指定の銀行口座にお振り込みいただく形となります。

コトノハ文学教室の受講料についてです。
5,000円の入会金がかかるので、
お間違えのないようにお願いします。
料金を確認した上で、お問い合わせいただき、
指定の銀行口座にお振り込みいただく形となります。

オンライン合評会クラス

18,000

● 1期、6回授業
● 野村クラス 第1土曜日 13:00~16:00
● 浜江クラス 第2日曜日 13:00~16:00
● 中上クラス 第4土曜日 13:00~16:00
​● 途中参加の場合は、受講料は回数分のみ

オンライン読書会クラス

6,000

​● 1期、6回授業
● 第4日曜日 13:00~15:30
● 本代は受講生のご負担になります。
​● 途中参加の場合は、受講料は回数分のみ

通信コース 小説・エッセイクラス 詩・エッセイクラス

48,000

● 1年、3回の作品・対話用紙の提出
​●Zoom創作相談が1年3回、30分以内

入会金

5,000

継続の方は不要です

PAGE TOP