読み込み中です……

講師紹介

野村 喜和夫

詩人。1951年埼玉県生まれ。
コトノハ文学教室校長。
早稲田大学第一文学部日本文学科卒業。

戦後生まれ世代を代表する詩人のひとりとして、現代詩の先端を走りつづけるとともに、小説・批評・翻訳なども手がける。著訳書多数。

詩集に『川萎え』『反復彷徨』『特性のない陽のもとに』(歴程新鋭賞)『現代詩文庫・野村喜和夫詩 集 』『 風 の 配 分 』( 高 見 順 賞 )『ニューインスピレーション』(現代詩花椿賞)『街の衣のいちまい下の虹は蛇だ』『スペクタクル』『難 解な自転車』『ヌードな日』(藤村記念歴程賞)『デジャヴュ街道』『薄明のサウダージ』(現代詩人賞)『花冠日乗』、小説に『骨なしオデュッセイア』『まぜまぜ』、評論に『ランボー・横 断する詩学』『現代詩作マニュアル』『移動と律動と眩暈と』『萩原朔太郎』(鮎川信夫賞)『証言と抒情──詩人石原吉郎と私たち』『哲学の骨、詩の肉』、翻訳に『ルネ・シャール詩集 評伝を添えて』など。

また、英訳選詩集『Spe c ta cle& Pigsty』で2012BestTranslatedBook Award in Poetry (USA)を受賞するなど、海外での評価も高い。

浜江 順子

明治大学文学部史学地理学科地理学専攻卒業。

日付のある詩ダイエー賞審査員奨励賞(鈴木志郎康氏選)。

国際優秀詩人賞。黄金王冠世界詩人賞。
Michael Madhusudan賞(Verse部門)。第5詩集『飛行する沈黙』(思潮社刊)にて、第42回小熊秀雄賞。第6詩集『闇の割れ目で』(思潮社刊)にて、第9回日本詩歌句大賞。第7詩集『密室の惑星へ』(思潮社刊)にて、第8回更科源藏文学賞。2020年、第8詩集『あやうい果実』(思潮社刊)。文藝学校通信教育コース講師、コトノハ文学教室講師。小説同人誌「文藝軌道」、「Q文学」同人、「hotel 第2章」、「歴程」同人。日本現代詩人会、日本詩人クラブ、日本文藝家協会会員。「クロコダイル朗読会」主催(2011年より思潮社後援)。

オンライン合評会クラス・読書会クラス/通信コース小説・エッセイ

作家。ハワイ大学美術学部卒。1999年、紀行文『イラワジの赤い花 ミャンマーの旅』を上梓。同年、小説『彼女のプレンカ』で第23すばる文学賞。純文学を中心に、幅広いジャンルで執筆。
主な著書に、『夢の船旅 父中上健次と熊 野』、『月花の旅 人 』、『 熊 野 物語』、『天狗の回路』、『タクシーガール』など。

日本大学、武蔵野大学にて非常勤 講 師を 務めるほか、朝日カルチャーセンター、新潮講座などで小説講座を担当。文化組織「熊野大学」にて夏期 セミナー企 画・講 師 。また、2013年より、優れた同人誌文学に与えられる文学賞「まほろば賞」選考委員を務めている。

南野 一紀

何かを書くことは、言葉で心に磨きをかけたり、好きなもの・美しいものの価値に気づいたりできることだって思ってます。
心のわだかまりも、あこがれてやまない理想も、魅せたい自分も、言葉のギフトも、ぜんぶ意のままに表現したいですよね。
美しい日本語で心の自分磨きジャンジャンしまくって、未来の自分に会いに行きませんか?
あったかくて話しやすい場所で、あなたの文学ライフ、陽気にサポートします!
もしかしたら、素敵な人にも会えるかも。
あなたの信じる本当に好きな人に会えるかも。
今ならおいしいリゾットも半額で食べられますし。
それは冗談ですけど笑
みなさんからのメール・電話、お迎えいたします。

・コトノハ文学教室代表
・1990年、生まれ
・湘南在住
・2010年、エッセイ・小説の執筆を開始
・文芸思潮新人賞佳作、銀杏文芸賞エッセイ部門佳作受賞
・My favorite things → 中上健次、ダンテ、石原慎太郎、わたせせいぞう、稲盛和夫、ZARD坂井泉水、TUBE、トマティート、ジョアン・ジルベルト、湘南カフェ・レストラン巡り、イタリア語
・「南欧美学シリーズ」という情熱のエッセイ書いてます
・好きな食べ物→トマトリゾット、パエージャ、すき焼き
・性格は、やさしい、おしゃべり好き、安心する感じ、陽気、情熱的っていわれます

PAGE TOP